に投稿

長期休暇にバイト!しかし面接の服装をどうすればいいのか分からない人へ

冬休みなど長期の休みになるとバイトに明け暮れるというのは学生あるあるではないでしょうか。バイトは時に勉強や部活では学べない様々なスキルを身につけることができます。
大学1年生の夏からバイトを始め、4年生の卒業間近にはとても頼れるスタッフになっていたという方も沢山います。企業側もこのような休暇に合わせて求人情報を掲載するところも多くなっています。

学校の勉強に手がかからなくなる時期を利用してお金稼ぎをしたい方も多いのですが、求人誌や求人サイトなどでバイトを見つけ採用担当者に連絡したら、いよいよ面接です。
しかしどのような服装で行けば良いのでしょうか。ではトップス、ボトムス、靴など項目ごとに詳しく見ていきましょう。

トップス

バイト面接へ行く際のトップスですが、襟付きのシャツやブラウスが一番無難ではないでしょうか。もちろん色は無難なモノトーンカラーがいいでしょう。
女性のブラウスで生地にビジューやビーズが縫い付けてあるものがありますが、そのような装飾はシンプルで控えめなものを選びましょう。

派手なプリントのないきれいめなものなら、夏場ではTシャツでも良いです。トップスは顔の近くにある、第一印象に特に影響してくる部分です。
簡単に清潔感のある印象になれるのは白色や淡い色のシャツでしょうか。顔色を明るく見せてくれて聡明な印象を与えてくれます。

よれよれだったりシワのある服は絶対にやめましょう。また夏ですと暑い時期なのでタンクトップなど肌を露出したくなる季節ではありますが、バイトの面接は「お仕事」の場所。
バカンスに行くようなファッションは避けましょう。清潔感と関連して特に男性に言えることですが、シャツの袖から腋毛が出ていませんか?気になる方は忘れずチェックしておきましょう。

ちなみに、冬場ですとコートなどを着ると思いますが、コートなども無難な色にしておくといいでしょう。もちろんカジュアル感が強めのファッションは避けておくといいでしょう。

ボトムス(スカート)

夏のシーズンですと暑いですがバイトの面接で短すぎるボトムスはNGです。女性は特にミニスカートやホットパンツなどはレギンスを合わせるコーデも避けましょう。
男性も女性も膝小僧が隠れる丈のボトムスで、というのを目安にすると良いです。女子学生で学校の制服のままバイトの面接へ向かう際も、スカートの丈は校則に従っているかを確認しましょう。

オールシーズン使えるアイテムとしては、男女ともにパンツは黒いパンツやチノパンが無難です。今時はオフィスカジュアルやきれいめファッションでもデニムを穿くことが多いでしょう。
もしバイトの面接にデニムを穿いていきたい時は、ダメージや色落ち加工のないシンプルなデニムを選びましょう。女性のスカートもチノ素材や黒のタイトスカートなどが簡単にきちんと感を出してくれます。

マキシ丈のロングスカートも清潔感がなくはないですが、席に着く際に裾を気にしてもたもたする動作が見る人が見れば印象ダウンかもしれません。

バイトの面接では足の甲や指をしっかり隠せる靴を履いていくのが無難です。夏はサンダルの季節ですが男性のサンダルはラフでカジュアルなものが多いのでバイトの面接というきちんとした場にはNGです。
女性のサンダルで足の甲はしっかり覆いオープントゥのデザインなどは、まあ印象悪くないかなというところです。

一番のおすすめとしてはスニーカーやローファーでしょう。スニーカーは泥汚れなどきちんと落としたものを履いていきましょう。
夏の靴で「エスパドリーユ」という足の甲をきちんと覆うデザインの靴があり、男女ともにおすすめです。夏らしい天然素材で普段履いてもお洒落だしサンダルよりきちんと感が出ますよ。

また靴下ですが、色やデザインなど何でもいい、ということではありません。黒や白などの色の方がいいでしょう。奇抜な色は良くありません。

に投稿

映画館でバイトをしたのでどんな感じか紹介してみます!

日頃より映画を自宅で観ることはもちろん、映画館でもしょっちゅう見ていたので「映画館でバイトを出来れば」と思っていたのですが、見事採用されたので、今回は映画館のバイトについて体験談を書いてみます。
もちろん映画館によって多少の違いなどはあるので参考程度に見て下さい。

映画好きの方は同士に出会いやすい

映画が好きな方はぴったりのバイトといっても過言ではないと思います。当然映画館は見る人はもちろん、バイトも映画好きがたくさん在籍しているので、映画が趣味という人が多いのは偏っているような感じです。
逆に映画が好きではない、という人は非常に少なくもし映画館でバイトをするのなら「ハミゴ」となってしまう恐れもあるでしょう。映画好きの出会いはありますが映画嫌いの出会いはないといってもいいですね。

シフト(勤務時間)の融通がききやすい

シフトの融通は利きやすいように思えました。この日に入りたいと思ったら結構その通りにシフトを組んでくれるので助かっています。もちろん希望通りにならない場合もありますが、そのようなことは少ないです。
90%ほど希望通りのシフトとなっていて、急な時間変更などの融通もアルバイターが多いせいか融通は結構利くと思います。ただ急に出勤日の変更などは言いにくいですので、どうしても都合が悪くなった時以外は言わないようにしています。

忙しい時と暇な時の差

これが一番映画館でバイトをして感じたことですが、忙しい時の映画館は本当に疲れます。上映中以外は一日中ずっとお客さんの対応をするようなときもあり、時に有名な映画が上映される時はどっとお客さんが押し寄せるので本当に疲れます。
しかし暇な時はあくびが出るほど暇で、一日中何もしなくても良いような日もあったりします。上映すると赤字になるのでは?と思うような日もあったりし、特に平日はこのような傾向が強いですね。

難しい仕事はあるのか

難しい仕事に関しては、特にありませんが慣れるまでは案内や誘導に困惑することもあると思います。まずは自分自身が、映画館の上映エリアやお手洗いの場所などを、しっかりと頭に入れておく必要があります。
お客様から「○○の映画は何番へ行けば良いの?」、「お手洗いはどこにあるの?」など聞かれる機会も多いです。また、お客様は案内係やチケット売り場のスタッフなど関係なく、聞きたいと思った時にスタッフがいる場所で聞きます。
案内係じゃないからフロアは覚えなくていいや!という考えはNGです。しかし、フロアの作りや上映時間の把握さえ出来れば、比較的スムーズに案内できるようになります。

まとめ:そこまで辛くなかった

意外と簡単な仕事が多く、また仲間意識なども強いのでバイトをしやすいですが、土日は忙しい、平日は暇と結構大きな差があるので、忙しさについては極端な感じですね。

しかし映画が好きだったら辛くないと思いますので、全然頑張れる環境だと思います!